madeingmjapan

最上の素材、製法を駆使し
プロダクトの未知なる可能性を


2008年のブランド設立以降
素材や製法において
一切の妥協なく
最上のモノだけを作り上げることを目指し
フットウエアを中心としたブランドを立ち上げました。

同時にカラーで言えば”黒”といった
ワークブーツのパブリックイメージに挑戦し続けることで
既成のブーツとは異なる未知なる可能性を引き出したい。

それが日本国内だけでなく海外
ストリートやハイファッション
さらにはジェンダーの境界線をも超越する。

最上の素材や製法を駆使し
新たな定番を作り上げることを誇りとする。
MADE IN GM JAPANは
そんなコンセプトのもと活動しています。